staff

Knockin' On Heaven's Door

2020/06/11(Thu) SuperAdmin


拙ブログでも既出の通り
人は17歳頃に聴いていた音楽を一生聞き続ける。(出典不明)

の代名詞のような私にとって
1991年に上記のポストのPat Metheny / Secret Storyしかり
Guns N’ RosesのUSE YOUR ILLUSIONなんていうまさにモンスターアルバムが
1・2という2枚編成でそれぞれ迷惑なことにバラバラに同時に発売されました。

当時高校生だった私は2枚とも購入する事叶わず、

その当時は本当に名盤の量産年?で
欲しいレコード、CDが目白押し過ぎて、、本当に、、本当に!
いいレコードしかなかった!

そんな理由で両方コンプリートする事は出来ず
2の方(青)を購入し聞き込んでいました。
なぜ?2を選んだのか??

それはKnockin' On Heaven's Doorが収録されていたから。。。。
 


えへへ、、、リフ・ソロとも今でもギター弾けます。

どーですか??
めちゃくちゃかっこいいですね〜!
このアクセルの着ていたTシャツ!欲しかったなぁ〜!
(今はゾロゾロ品だらけで、しかも粗悪でカッコ悪いものだらけですが)

そして約三十年の時を経て・・・
やっと僕の手元に「USE YOUR ILLUSION」の1が来ました!

 

 

 

ちゃんとEUオリジナル盤でジャケット、盤面、インナースリーブともコンディションも上々です。

遅れてUSE YOUR ILLUSION 1を聞き込んでいます。

まぁ〜これが、、、今更ですけどいいんですね。。。

やっぱり当時からビデオがカッコ良過ぎた(100万ドルかかってます!)
November Rain、、、(今は6月ですが・・・)
しびれます!
 

おおお〜久しぶりに見たけど、やっぱり意味不明、、、なんでいきなり死ぬん・・・
 

でもこの絶頂期を迎えたガンズは
当時台頭してきたNIRVANAのグランジ路線、西海岸のRED HOT CHILI PEPPERS、そしてHip Hopの勢いに押され
なんとなく影を潜めていってしまうのですが。。。。

 

KILL YOUR IDOLSな
Guns N’ RosesのUSE YOUR ILLUSION
是非聴いてみてください。

なんのオチもなく意味もなくごめんなさい!

音の良いレコード

2020/04/03(Fri) SuperAdmin

だいぶ放置していました。
今年の初POSTですね。。。

いろんな苦境ありますが
元気に自然に触れていれば大丈夫!(ってこんなこと書いて大丈夫だろうか)
笑顔で生活して行きましょう!

日本でも、違った時間の流れの中で生きている人々がいます。
でも彼らは彼らなりの問題を抱えています。

私の近況ですが

最近、昔のことを懐かしむことが多くなりました。
歳をとったということなんでしょうか。。。

ここ数年はもっぱら好きな曲だけ聴くようになってしまって、
ヒットしてる曲のタイトルもアーティストももちろん分からなくなって
Best Hit USAとかみててもちんぷんかんぷんです。

そうなるとこのまま今の音楽関連がわかってない人になってしまうと感じて
最近は、HMVとかのレコードの再プレスなんかの情報も追って
知らない曲も(あくまで再プレスorアナログリリースの)サンクラなんかにUPされてれば聴くようにしてるけど、
それを続けてたら
なんか逆に琴線に触れる曲が少なくなってきた気がします。。
まぁ毎日無駄に大量の曲を聞いてると自分の好きな音、聞きたい曲がわからなくなってしまったのかもしれません。。

なので最近は持っているけど一度も針を落としたことのないレコードを聴いてます。
しかも普通のレコード針ではなく!あえてMM界の超弩級のレコード針で無駄に高音質で。

Ortofon 2M BLACK/オルトフォンのMMカートリッジのフラッグシップモデルです。

理解されなそうですが
私は買ったのに聞いてないレコードがかなりあります。
聞いてないというのは以前聞いてたのに現在聞いていないという意味ではなく
LPまるまる聞いたことないものはもちろん、
お目当の曲のみ再生したのみで、アルバム(LP)で通して聞いたことないもの含めると
おそらく1,000枚超あると思います。

なので、ここ最近は
80年代のどうでもいい商業音楽に則り消えていった洋楽/邦楽
毎日1枚、苦痛でもA面だけでも聞いてます。

でもたまに?
いい感じのレコードももちろんあって、いかに80年代のPOPミュージックを
軽視していたのか恥じる部分もあります。

また、録音の技術って80年代で絶頂を迎えていたんではないかと思うことがしばしばあります。
70〜80年代のレコードの音の良さ!(もちろんプレス時期もありますが)
異様に音の良いレコードは近年のプレスより
70年代〜80年代に多くある印象です。

そこで、現在レコードとしては全く価値がなく(一応掲載するアーティストに敬意を払い、音楽性とは別にして。です。)
ハードオフで100円などで投げ売りされている
いわゆる注目もされず、無駄に生産され消えて行った
普通の?中古レコード屋には並びもしないレコードから
録音がいいなぁと思った盤を勝手にご紹介いたします!

(とはいえ最近のハードオフの値付けは無駄に高く。おかしい!
リイシュー盤にもかかわらずネットで少し検索したのか?オリジナル版のような値段つけてたりしてる。何の知識も盤の判断もできないのにレコード店気取りの値付けは如何なものか??)

松田聖子/Pineapple
リサイクルショップの定番(盤)笑!
赤いスイートピー、渚のバルコニー収録。でも他にも割と良質な曲多し。
録音、音のバランスなどすごくいいし、なんかアイドルのアルバムとは思えないほど良作。
最初笑ってしまったけど、聴き進めるたびに?引き込まれます。


松田聖子/風たちぬ
続いて同じくリサイクルショップの定番盤
曲もいいし音も良い。CDだとBSCD2?なるフィーマットでもでてるみたい。
もとの録音が良いからなせる業でしょうね。。。
 

大江千里/乳房
これもリサイクルショップの定番盤ですね。何度見かけたことでしょう。おそらく僕も2〜3枚持ってるはずです。
80年台のバブルの時代、いわゆるディスコ!や、わたせせいぞうの世界とはまた違った世界でのミュージシャンだったのでしょうか?
TVなどの影響もあってか、完全に音楽性を軽視していましたし(でも、、、まぁ現在の評価もそんな感じだけど)
割となかなか聴けます。笑
で、今回のブログの内容に則しても、音、録音も良いですね。。
あんまりいい感じで手が入ってなく、伝わる感じの音。いい感じです。
 

SOLID STATE SUVIVOR / YMO
泣く子も黙るRydeen!
音が良いです。1979年、もう録音は完成されている感じがします。
どーでもいいですがRydeen beerは最高に美味しいビールです。

ぜひ飲んでみてください→Rydeen Beer

Thriller / Michael Jackson
私が、レコード集めた頃は見向きもしませんでした。このレコード。。。
ちなみに私が初めて買った「CD」は1987年ミニコンポ全盛時代!マイケルジャクソンの「BAD」です。
どーでもいいですがこのマイケルジャクソン系80年台POP HIT系のレコードはは90年台後半DJブームの最中には
ハードオフでは1,000円前後の普通な価格が付けられ、ジャンクコーナーにお宝(山下達郎とか笠井紀美子、はっぴぃえんど系など)がありました。
当時はそんなマイケルジャクソンのレコードは全く評価されず、、、
他界されて再評価されて?また価値を持ち直した特異なケースであると思います。(くどいようですが音楽としてではなくあくまでレコードとしての価値)
で、はっきり言って持ってるだけで恥ずかしいとすら感じてましたので、、、まともに聞いたことないのですが
音圧もすごく高くて録音もいい、かなり高音質です。
お金かけられてる感じします。
曲は・・・あんまり好きになれないなぁ〜あはは!やっぱりダサい!味付けがもう陳腐!
僕の評価は音質以外はやっぱり今もどーでもいいレコードです。
 

ムーズ/中原めいこ
帯がテープで固定されてます。これぞ中古レコード。しかも価値を著しく低下させます。
しかし、内容は?音作りは80年代ながらもなかなか良曲多し!
今、十分通用するような感じ。

 

パズル/中原めいこ
ジャケットデザインからして80年台!バブル感
音もかなりゴージャス感たっぷり。
ただ?曲も悪くなくアリかも?
中原めいこのレコードは多分全部持ってると思うので、今後他の盤も聞いてみる予定。

パヴァーヌ/原田知世
クリアレコード。
私のクリアレコードとの出会いは90年代の「HIROSHI FUJIWARA BEST」でした。
なんかクリアレコードって音良く無いイメージなんですが(どうですか?)
なんかこの盤はいい感じ。

このレコードの中、たくさんの切り抜きや当時のキャンペーンのハガキが封入されていて
しかもそのハガキ、まさに今すぐに出せるほどにしっかり書き込んであるのがそのまま入っていました。
こういったものも中古レコードの醍醐味?ですね。
 

--------------------------------


と、、
挙げたらキリがなくなってきてしまいました。。。
今回はこの辺で。。
またご紹介させてください。

必ず書きますから!

Prayer

2019/12/16(Mon) SuperAdmin

師走です。

毎年書いてますが、、、年々師走感?年の瀬感?薄れてます。。。

忙しくても心は豊かに。

拙ブログ、おそらく今年最後のポストかと。

最後がこんなんですみませんが、素晴らしい演奏と曲を置いておきます。。

 

今年一年の感謝を込めて

あたたかく喜びに満ちた新年になりますように

 

Prayer / 矢野顕子

先のポストでご紹介させていただいたSuper Folk Songより。
あぁ・・・いいですね・・・・

 

 

 

Kenny "Babyface" Edmonds @Billboard liveTokyo

2019/10/23(Wed) SuperAdmin

2年ぶりのBabyface、ビルボードライブに行ってまいりました。
SOUL CAMP2019に合わせてのコンサートなんでしょうけど
BabyfaceとBobby Brown、Bell Biv Devoe、SWVが日本にいると思うと
R&B、ブラコンファンとしては胸熱です。
(SWVは台風の影響で来日できず!) 

そのSOUL CAMPの興奮冷めやらぬまま(行ってませんが)

私の青春の神様のようなミュージシャンBabyface!

チケットは18,000円と高価ながらも
今回はBGV2名も来るということで期待高まります。

ビルボードライブ、低層階で鑑賞したかったのですが(上階に上がれば上がるほど音響イマイチ!)
購入時は既に埋まっており、
この際、カジュアルエリアも考えましたが、サービスエリア(しかも指定席)をリザーブ。
なんと20,000円の高額チケットとなりました!

 

東京2日目の1stステージ

Saxソロから始まり
The Cool in youからスタート

あとは楽しくて結構酒量も増えたので覚えてる(知ってる)ぶんだけ・・・
Every Time I Colse My Eyes
Never Keeping Secrets

MCを交えながら

Change the World / Eric Clapton

(他はほとんど失念!多分新しいアルバムの曲もやった。。。。と思う)
そして!メドレーでは
自身が提供した曲をメインに
まぁーサービス精神旺盛なセットリスト
Slowjam / Midnight Star
Rock Steady / The Whispers
Can't Stop / After7
There You Go / Johnny Gill
Two Occasions / The Deele(これは私にとって思い入れ深い)
Can We Talk / Tevin Campbell
Ready Or Not / After7 
My, My, My / johnny Gill
I'll Make Love To You / Boyz II Men
End of the Road / Boyz II Men

という、全ブラコンファンが大喜びなメドレーで
(他、耳馴染みあるのにタイトル思い出せない曲多数!)

最後はステージ降りてほぼ全ての席を回るサービス!
私の階へも登て来てくれました!
しかもEnd of the Road歌いながら!
最高です!

みんなにもみくちゃにされながら。笑
ステージに戻りフィナーレ!

アンコールでは
When Can I See You
をアコギで。(途中から変調したアレンジで!)

もう大盤振る舞いな1.5H!
満足!大満足なステージでした。
 

その後、友人と待ち合わせてラグビー日本代表戦で湧く六本木の街のレストランで食事
もう記憶がないままなんとかホテルに帰着。

 

 ホテルが素晴らしく(特に屋上)サンディエゴのようだったと最後に書き記します。

 


Two Occasions / The Deele
私にとってBabyfaceの入り口。そしてブラコンの入り口
SOLAR RECORD(Sound of Los Angeles Records)
やっぱりLAっていいわぁ〜

CIRCUMBENDIBUS

2019/04/19(Fri) SuperAdmin

 
 


Circumbendibus

メルセデスのバンに乗り込んだご夫婦が世界をめぐるドライブ旅。

4月上旬に新潟にいらしていたようです。現在はどこに?

なにか絡みたかったなぁ〜!

 https://circumbendibus.org/

 

 

Pat Metheny / Secret Story

2019/02/05(Tue) SuperAdmin

「音楽を聴く」ということがスマートフォン、デジタルオーディオプレイヤーにはじまり
今はあまりにも簡単で、
音楽(曲)自体も「配信」などという手法がメインストリームで
昔?のように「アルバム」として音楽を聴くことが今はあまりないのかなぁと感じています。

昔話で恐縮ですが、中学生〜高校生の頃(1987〜)CDはすごく高くて(当時の価格で3,200円とかしてた。LPも2,800円とか)滅多に買えるものではなかったので
1枚買ったらしばらくそれを鬼のように聴き込んだものです。

どうでもいいですが、中学生当時の私はテストの点が良ければ親にCDを買ってもらえたので
本当に勉強ができたものです。
ただ、、高校生になってアルバイトできる身分になると、、、CD、LP(そしてギター!)のためにアルバイトに必死になって(しかも大人の世界が面白かった!)勉強は疎かになり、、、
音楽の知識とギターのコードやスケールを覚えるの必死で勉強してる暇が一切ありませんでした。笑!

脱線しましたが、、、当時は音楽をアルバム単位で聞いていたので、当時の曲を耳にすると
その曲が終わると、アルバムのその次の曲がすぐに思い出されるものでした。(もちろん今も)

人は17歳頃に聴いていた音楽を一生聞き続ける。(出典不明)
をまさに私は体現しておりまして、、、
未だに当時聞いていたCD(レコード)は特に名盤でなくても未だに愛聴盤なのです。

もちろん、その後に出会ったR&B(特にブラコン)やJAZZも愛聴盤もありますが
あの中学生〜高校生当時の記憶の刻まれ方とはちょっとちがうかも?

そんな私が30歳を過ぎて(40近くになって)初めて出会ったLP(幸運にもレコードで出会いました)
これが衝撃的でした。

そうです。拙ポストのタイトルPat MethenyのSecret Storyです。
このアルバムがリリースされたのは1991年、奇しくも私がメタルとギターに明け暮れていた最中にリリースとなりました。
拙ブログでも度々?ポストの中にちょくちょく出てきてますが・・・

そしてリリースから21年経った2012年(ついでに言うと12月22日の土曜日でした)
生前お世話になっていたレコード屋さんの店主の方のレコードのエステートセールを行う。
との報せでその放出日に何の気もなしに出かけました。
(当時そのレコード屋さんで私は40万円超のいわゆる「ツケ」があり、支払いに苦労しました。笑)


 
そこでこの「Secret Story」に出会いました。
なまじ20年以上レコードコレクターしている私ですから、Pat Metheny(正確にはPat Metheny Group)の他のタイトルのレコードは持っていましたし、聞いていました。
ただ、その時点で「Secret Story」は未聴で、しかもアナログのリリースがあること知らず、
見つけた時はあれ?これレコードで出てるんだ?くらいの気持ちでした。
(その放出では他にめぼしい盤が数枚あって、オマケに収穫しとこうかな程度)

自宅に戻って、収穫したレコードの他のタイトルはすでに内容や評価など知っており、特にすぐ聞くこともなく、未聴であった、その「Secret Story」に針を落としました。

そこから、、、LP2枚組、A面、B面をひっくり返した記憶がないほどの
特別な1時間超の時間の流れがありました。

私は、レコードコレクターでギターが趣味でありながらも、
音楽の表現ってある程度限界あるんだろうなぁ
なんて「斜に構えた」部分もあったりした私にこの音楽、体験は衝撃的でした。
これは・・・僕が思っていたパットメセニーと違う!なんなんだこれは・・・
というのが正直な感想でした。

これはPat Metheny Groupと「Secret Story」はソロ名義である違いもあると思うのですが、
この日以来、僕の音楽の認識の中で「Secret Story」は特別な存在であり続けています。
僕のように聴く音楽ジャンルが雑食で多岐にわたっていても。です。

このアルバムに出会って以来、私はPat Methenyが来日すれば可能な限り参加(聴きに)していますし(しかもPat Methenyって現在も全く衰えることなく、素晴らしい演奏を聴かせてくれるのです。)
このアルバムから派生して矢野顕子も聴き始めたりもしました。(もちろん他のミュージシャンも)

このアルバムのレビューも全曲のレビューもネット上にたくさんの意見、文献あるので
私が特に触れることはしませんし、何よりそこまでPat Metheny周辺の知識がない。
ので、他のブログ、レビューにその辺はお任せしますが

個人的に言うなら他のポストと重複してしまいますが
このアルバムはすごく「旅」に合う!
アメリカはもちろんですが、インドネシアにも合います!笑
多分どこでも合います。
もう、お願いです。聴いてください。感じてください。

もちろん、iPhone、iPodにも入っていますが、

特別な時には、、、
クリーナーでレコードの針先をクリーニングし
ターンテーブルにきれいに磨かれたこのLPを乗せ、
しっかりと自分のリスニングポジションに身を置き、静聴する。
そんな時間が私の中で大切な時間になりました。 

 


今回、このポスト書こうと思った書籍

 

アマゾンへのリンク



そして「Secret Story」

 アマゾンのリンク

 

本ポストに触れてませんがこれも
なかなか素晴らしい内容です。ぜひSecret Story気に入ったら聴いてみてください。

アマゾンへのリンク

 

Secret Storyにも参加している矢野顕子
このCDの制作風景を綴った映像で「Have You Heard」さらっと弾いちゃったり
録音・演奏に恐ろしいまでの執念を感じます。
全部一発録り。
オートチューンに毒された現代のPOPSの録音シーンにこの映像見てほしいな。

 アマゾンへのリンク

どれもアフィリエイトしてないから安心して踏んでください。笑



いまさらですが、、、
美容室のブログで書く内容ではないですが、、「Sound Treatment」しかり
髪だけ、貌だけキレイでも魅力的な女性ではありません(おっと!書きすぎ?)
その、、、なんといいますか、
言葉が見つからないので

こちらのブログ

から一部分抜粋させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーー
人にはそれぞれ、どのような精神状況であっても心の奥に大切にしまってある音楽があるのも事実だ。
それは毎日のように聴いていないものであってもいい。
その人のファンダメンタルな所に住みついている音楽は人生の貴重な糧となるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーー
間違いなく、私のひとつ。「Secret Story」
こういう「人生の貴重な糧」って
美しさ(この場合魅力かな?)を作る重要な要素だと思うのです。

あなたの人生の貴重な糧って何ですか?