staff

2018 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 5

2018/10/22(Mon) jigsaw

うーん、、、先月の事なのになかなか完結せずすみません。。
随時更新したいと思っているのですが、、、なかなかまとまらず・・・
もうしばらくお付き合いください。。


今朝も朝一から波チェック。
まるでルーティーンのようにパイプスへ。
でも、、、今朝に限っては・・・全然波なし!

いつものローカルメンツはすでに入水しているもののちょっとショートボードでは厳しい。

 (本日でエンシニータスでのサーフィンは終了!今年もPipesのローカルなメンツによくしていただき感謝!そしてなんの挨拶もせず立ち去ります。すまん!)

サイズを求めてビーコンズへ移動するも、、、やっぱり波なし!
結局民泊先から一番近いグランドビューをチェック。
他所より多少反応いいけど、できるかなー?程度
とりあえず入ってみるけどたまにくるセットでやっと腰サイズ。 

でも?たまーに乗れたりもした。やっぱりこのNewボードがいい感じなのです。
その後、すっかり波数は減り、、見切りをつけて早めに終了。
サイズダウン傾向だし今朝はこんなもんかなぁ・・・

なんだかエンシニータスでのサーフィンの最後は、、、物足りない感じで終了。。
さみしいなぁ・・・

さて、気持ちを入れ替え今日はサンクレメンテに旅の舞台を移します。

サーフ後(なんか毎度飲みすぎで食べきれない・・・)昨日の残りのサンドイッチ食べて
民泊先で洗濯させてもらっていざチェックアウト!
民泊先の大家さんも素敵な方で良かった。サーフシーンの事やご家族の事、この街の事などたくさん話せて良かった。
民泊、、不安だったけど、こういったお話、情報など、ホテルに宿泊してはできない体験がたくさんあった。と・・・感傷に浸る・・・

チェックアウト後エンシニータスのダウンタウンのスリフトショップでバイヤー気取りで買い物。 

SDの街から海が・・・

昼にめがけてサンディエゴのダウンタウンで
サンディエゴのローカルクラフトビール「バラストポイント」のレストランでビアタイム。

すぐそばに国際空港があるので、、本当にすぐそばを航空機が通ります。。ちょっと怖いかも・・・

本当に色んな種類のビアがあって目移りしながら、、テイスティングセット頼んでいろいろテイスティングできました。
何より好きなビアの製造工程を見ながら出来たてのビアを飲める幸せ!最高です!

SD、LAの街でよく見たBirdと呼ばれる1min15セントで走るスクーター(キックボード的?)のシェアライド。アプリでロック解除して乗ります。乗り捨て自由!でも変なところに乗り捨てられたりしてるので、、、この辺の整備はこれからなのかな?特にLAなんかは結構ひどい感も。。。
春から始まったサービスのようです。割に利用している人多かったなぁー!

その後、リトルイタリーの街を散歩。海と都会が共存したスタイリッシュな街。
都会の部分がいきすぎちゃってて個人的にあまり惹かれるものはないですが。。あはは!

リトルイタリーのおしゃれサロン!門構えが素敵でした。。。 

そして、次のステイ先となるサンクレメンテへ向けて移動します。
サクッとハイウェイに乗って渋滞もなくスムーズに到着。

まずはサンクレメンテ名物?レインボーサンダルへ。
そしたらメチャクチャ安くて、、、2足も買ってしまった。。。

そして今夜の宿となるモーテルにチェックイン。
このモーテル、サンクレメンテの相場より安いのに、もちろん古いけど手入れも行き届いてて綺麗でオシャレ。すっかり気に入ってしまいました。 

明日の朝練しようとしているポイント、T-streetをチェック!やっぱり昼間はオンショア受けまくってイマイチな波。。。なんだか明日の朝練が不安になりますが・・・その不安は明日朝払拭されます。。 

サンクレメンテの街はとてもステキで、LOST SURFBORDSなどのハードコアなイメージの反面

おじいちゃんがスケボーで近所のお店まで買い物行ってたり、本当にサーフ&スケートカルチャーが根付いた街だという事を痛感いたしました。
また街並みもとってもステキ。ツボでした。

夕暮れにサンクレメンテのピアを散歩。

まるで絵はがきの世界にいるようです。

そんな雰囲気にのまれたのか、ちょっと贅沢してピアのたもとのレストランで食事。
最高の環境と最高の時間の中でのディナー・・・ステキな思い出になりました。


夕食の後、ふらふら歩いてモーテルに戻り、モーテルのパテオで二次会してたら、、
パテオにいた宿泊者からWeed勧められ。。。(カリフォルニア州では合法。お断りしましたが)

また、宿泊者の元ジャイアンツの選手の講釈聞いて
(まぁーノリノリでした。意外に自分のヒアリング能力がある事に自信?!がつきました)
もっと飲もうぜー!って誘いをなんとか振り切って!笑
荷物をとりあえず1個パッキングしてシャワー浴びて就寝

モテルのTVで映画ハングオーバー2やってて(これはヒアリングできなくてもバッチリ分かる!)
途中でビア飲みたくなって一人で深夜に結局ビアタイム・・・

 

←DAY4

2018 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 4

2018/10/17(Wed) jigsaw

今朝も朝一から何も考えずPIPESへ。
だんだんサイズダウンして小波。。。

・・・と思うも入ってみたら昨日よりもいい
何本かしっかり走れたし、トップターンできたと言ってもいいものも!
えへへ、上手くなったかも・・・って思ったけど新潟帰ってきたらそんなことなかった。笑

その他、気持ちよく乗れたライド多数。レギュラーだけでなくバックサイドもしっかり走れた。
最高に気持ちいい1本あったのでそれを以って早めに終了
今日は思いがけずいい波!
やったー!感謝! 

サーフ後、だらだら朝食食べて

特に何もすることないのでカブリヨ国定公園へ。
そしたら、、途中で道を間違えてしまい!なんと軍の敷地内へ侵入してしまいました!

屈強な軍人に囲まれ、しかも自分の意思で車をUターンすることも許されず
(全て指示通りに車を動かさないとなのです。)
かなり冷や汗モンのトラブルを起こしてしまいました。。

でも、、こんなもんで済んで良かったー。
もっと大変な事になってしまうんじゃないかと大変焦りました。
あ、これは今日もう帰れないな・・・と覚悟したほどです。 

解放後、、、気を取り直しカブリヨ国定公園へ。
そしたら駐車場16USD!!の洗礼を受け。。。(しかも無駄に7日間有効だそうだ。。)
16ドル分元取るかのようにしっかり観光いたしました。

その後、サンディエゴのダウンタウンへ。オールドタウンをぷらぷら。。
オールドタウンではメキシコ雑貨を物色。欲しいものたくさんあったけど、、、荷物になるし送るほどの情熱も傾けられず、、いろいろ諦めました。笑 

オールドタウンはSDの人気観光地なのですが、まぁーアジアのかの国の方の多いこと!
しかもみんな怒ったように大声なのです。なんであんな大声で話すのか。しかも自分の意志を曲げない?ので、レジで揉めてるとそのレジずっとクローズ状態で買い物不可になります。
まぁこういった積極性は我々日本人は学ぶべきところあるかもしれません。。。みんな流暢な英語で渡り合ってます。しかもバンバン買い物するし。

民泊先に帰着後、まだまだ陽が高く、気温も高いのでこの冷たい海水の中、海水浴まがいの事を試みる。
ちなみにBeaconsというビーチで。
ここはサーフポイントでもあるのですが、つい最近(9/29帰国の週です!)シャークアタックがありました。。怖!
被害にあったのは地元のGromですでにFoundraiseが立ち上りました。
https://www.gofundme.com/keane-hayes-shark-attack-victim



夕食は、エンシニータスでお気に入りのお店、Encinitas Fish Shopへ。

昨年行ってとても気に入ったお店です。
既に各所に姉妹店ができているようです。前からなのか?は不明ですが。笑
でも昨年ほど流行っておらず?スムーズにオーダー。店内も閑散としています。
いつ行っても変わらない印象のエンシニータスもお店の流行りの移ろいはあるようです。

そして、昨年と全く変わらないオーダーをして
(期待通りの美味!そして地元のシンガー?が歌を歌っています。。。)

エンシニータス最後の夜。。。

感傷に浸りながら、、、すっかり夜も更けていきます。。。

はぁぁ・・・やっぱりさみしいですねー。。。

帰宅後、民泊先のテレビでワインやりながら、またも映画見てしまう。。。
Rushmoreこれもまた全然ヒアリングできなかったけど面白かった。。
ビルマーレーいい味だしてるなぁー
なんて感じながら夢の中へ・・・

 

←DAY3 DAY5→
 

2018 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 3

2018/10/10(Wed) jigsaw

今朝も朝一から出動!

車内のラジオは到着時から一切の浮気をせずThe WAVE 94.7
耳馴染みのいいブラコンとAORを聞きながら
迷わずPIPESに向かいます。

昨日と同じく、面はいいけど厚い波。。
でもこの現場に多少慣れてきたせいか
毎日同じメンツなのでいるサーファーのクセ・好みの波?なんかを分析できるようになってきました。
乗れる波、多くなってきたような気もするし
Newボードに自分の慣れ感?もいい感じ。なんだかこの板いいかも??

サーフ後、昨日の夕食の残りのサンドイッチを朝食にいただき、
いよいよ今回の旅の前半のハイライト
サルベーションマウンテンへ向けて出発!

サルベーションマウンテン、、、簡単に説明すると砂漠の中にある、信仰心の厚いアーティト(おじいちゃん)が一人で手作りしたカラフルなモニュメント。
日本のミュージシャンのビデオで使われて最近人気の観光スポットらしいです。
現在は有志の方によって管理されている?ようです。

まずはLong Driveに備え給油。

アメリカのこのウインドウの掃除システム、すごくいいのです。日本もこの方が?いいような?

サンディエゴの街を抜け、砂漠をひた走り・・・砂漠をひた走り・・・それでもまだ着かない。笑

サルベーションマウンテンの手前の街で水の確保とレストルームのためにスーパーらしきものに寄るが、、、結構怖い。笑
まだ昼なのに?とっても怖い。
しかもレストルーム、、、トイレが結構壮絶だった。

写真は自粛!あまりの空気の乾燥でいろんなものの発生が奇跡的に抑えれている感じ?笑

今年も長蛇の列車に遭遇!推定150車両以上!

そんな色んなトラップを抜けやっと到着すると、、
そこには先客が。なんと日本人!それも若い女性のグループ!!!しかも2グループ!笑

どうやら、このサルベーションマウンテンの観光ツアーのようでした。
このサルベーションマウンテン、まさにインスタ映えスポットで有名!

気温は華氏105℃摂氏41度(のちに110℃=摂氏43℃まで上昇)の中、女の子たちは思い思いにカッコつけて撮影に勤しんでいました。。(インスタのために命がけ!)



私は・・・ひたすら時間かけてきたのに、、、あまりの暑さと乾燥でわりとあっさり観光終了!
(なんか危険な暑さなんです。) 

管理している(と思われる)ヒッピーな方にDonationを行い、ポストカードをいただく。
楽しく写真撮影したら、この施設の存続のためにもDonationを行いましょう! 

近所の街のメインストリートの住宅でこんなステキなお家を発見!これなんだと思います??なんと紙コップなんです!

帰り道、ちょっと寄り道してEl Centro(エル・セントロ)というメキシコ国境近くの田舎町に寄り道してインアンドアウトバーガー(現地ではイナウトバーガー)で昼食。
実は私、カリフォルニア渡航5回目にして初めてのIn-N-Outバーガー!
他、ハビットバーガーとか有名ですよね。食べたことないけど・・・
メキシコ訛りの「ヒャットゥゴー!」の洗礼を受け(ちなみにHere or to go?/ここで食べる?それとも持ち帰り?の意)
初In-N-Outバーガーを食します。
まぁハンバーガーをあまり食べたことないから比較対象がないけど。。。
美味しくいただきました!

大変ローカルの方々に愛されてるお店でした。スタッフも楽しそうに働いてるしお客とも仲良し。
いい感じで旅してる感味わえました。やっぱり田舎はいいですねー

そして今後の旅での料理のためにフリーのお塩をいただいて帰ります。

そして、、また、、ひたすら時間かけてencinitasへ戻ります。
小さな町、そして砂漠〜大自然〜街。と退屈しなそうな道のりなんですが。。。
睡魔に襲われ・・・
いやー途中眠すぎて多分何度か意識失いながら運転。大反省。。。
もうどうにもならず途中のレストエリアで仮眠・・・
なんとか陽のあるうちにサンディエゴ到着。

そしてEncinitasの穴場的なレコードショップLOU’S Recordsでレコード掘り。

全く期待しなかったのですが、今回の旅で一番当たった(買い物した)レコードショップになりました。
探していたレコードUS3.99で買えたり、すでに持ってるけどプレス国違いの盤など結構な安価で売っており思いの外いい盤ありました!
コレクターには羨ましがられるような盤も!
結構な荷物になってしまいましたが・・・

また今日もトレーダージョーズ寄って今夜の夕食材料を買って民泊先へ帰着

簡単に調理して今夜もすっかり日も落ちてしまったテラスで夕食。
今日は疲れたなぁー!朝一のサーフィンからほぼ1日中運転してました。。。

またもワインやりながら、、、寝落ちです。

旅も3日目が早くも終了です。。

 

←DAY2へ DAY4へ→

2018 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 2

2018/10/05(Fri) jigsaw

いよいよ今日からサーフィン開始!
6:00過ぎにはうっすら明るくなる感じ。

すでに昨日のうちにデッキパッド装着済み!ワックスのベースも塗り込み済!
のNewボードを抱えて6:10、出遅れ気味?な感じで出動!

まだサーフィン朝練に対し積極的になれず?
各所を逐一チェックする気も起きず、とりあえず慣れ親しんだPIPESに向かいます。

1年ぶりなんだけど、全く変わってないパイプスの景色、そしてローカルのメンツ・車まで同じ!笑!

肝心の波は面ツルながらも、小ぶりな厚い波。。(昨日まで充分なサイズあったのに・・・)
まぁ少々の贅沢は言いたくなりますが
SoCal初入水、Newボードの進水式としては充分でしょう! 

終了後のPIPES。ローカルもすっかり終了。すでに慣れ親しんだ景色ですが、、本当に夢のようなところです。

ウエットに着替え早速入水
そしたら・・・水が・・・水が冷たい!
9月中旬、まだ水温高いはずなのに私のall2mmフルスーツではしっかり冷たさを感じます。
見渡せば、ブーツ履いてるローカルいたり、中にはグローブしている人も!
(とはいえ、、軽装なサーファーももちろんいます。欧米人は寒さに強い?)
どうやらここ数日水温下がったようです。

まぁ運動量でカバーでしょう!
と思うもSoCal特有?のセットこないと退屈な小波。
ただたまにお化けセットが来るから侮れない。。

でも今日はセットでもちょっと走れる程度・・・
だんだん身体冷えてしまい1.5Hほどで終了!

でも1本しっかり走れて、新しい板のフィールはいい感じ。
テイクオフも早いし1st インプレッションはとても良いです! 
ちなみに誰も興味ないでしょうけど板のスペックです。
モデル:Psycho Fish
サイズ:5-6 x 19 x 2.3 = 26.84
Fishと謳いながらもなぜかスラスター

朝練の後、部屋へ戻り、テラスでビアタイム。。うーん休日の醍醐味ですな!
日本の皆さんゴメンなさい!(って日本もまだ休日か)

そして部屋にメニューのあった(おススメらしい)Nectarine Groveで朝食食べようかと散歩がてら向かう。昨年は(多分)なかったから新しいお店の模様。
オーダーするに自分の発音が通じない。
平坦な発音でなく、大げさに!発音しましょう。笑!

そしてコーヒーオーダーしたんだけど、その受け取り方がうまくヒアリングできず、わからず少しパニクる。
この些細なことで、少々のことでは動じてはいけないと悟る!

アメリカ人は「誰にも依存せず、何にも縛られることもなく、自由な独立した個人」として生きています。
これは本当にここに来なければ体感・理解できないフィールです!
when in California, do as the Californian do
業にいれば郷に従え

堂々としてればいいのです。みんな悪いようにはしません。 (これが朝食メニュー?としてしっかりラインナップされています)

外で食事しようかとしてたんだけどすでに暑くて結局店内でいただく。
お店はローカルで混雑、日曜の平和な朝の感じがステキ
店内にデトックスウオーターもどき?があるんですが、みんな帰りしなに自分のタンブラーにちゃっかり入れて帰ります。

私は自分のコーヒーすら飲みきれず、コーヒー飲みながらブラブラしながら帰宅。 

その後ソラナビーチCedros Avenueで買い物。
日曜名物ファーマーズマーケット開催してて、美味しそうな野菜が安い!
(毎度のSoloTemecula Olive Oilなど購入)

なんかいいものあるかなぁーとCarlsbadのアウトレットなど行ったり
(何もなかった・・・REIでハンモックが安くてそれだけ購入しようか悩んだ程度)

Walmart行ったりして日用品や食材を買って帰宅。 

テラスで夕日を眺めながらビアタイム。

夕食は買ってきた食材で作成しテラスでいただく。
なんか民泊の家が割に内陸気味なので出不精になってしまいます。たくさんお酒飲めないしね。Uber使うほどの距離でもないし。。。

例に漏れず飲み過ぎてしまい、、、寝落ち!

時差ボケなのか?深夜に目が覚めTVでたまたまやってた映画Dearest Jane見る。
ぜーんぜんヒアリングできないけど意外に?面白く観れた。 

今日は特筆すべきことは何もせず、
まるでローカルのように過ごして昨日の移動の疲れを癒した感じ?
でもサーフィンもできたし満足です。

明日は波あるかなぁー!!

 

←DAY1へ  DAY3へ→

2018 CALIFORNIA SURF TRIP REPORT DAY 1

2018/09/28(Fri) jigsaw

ご無沙汰しております。

性懲りも無く、、、今年もCALIFORNIA SURF TRIPを敢行してまいりました。

また旅行記 i.e. 駄文を連ねさせていただきます。
拙ブログにお付き合い頂けましたら幸いです。
行ってきたばかりで、即更新です。

ここ最近毎年行ってるし、なんとなく新鮮味に欠け
しかも、今回もANAの高級チケットにもかかわらず、旅立つ前から帰りの(LAX→NRT)NH175便の欠航のため「成田→新潟」便に乗れないことが分かっており
正直、、、あまりテンション上がらずの出発です。

当日の朝も近所の波チェックは怠らず!
旅の準備を大急ぎで行います。

帰りに新潟空港に帰ってこれないので公共交通機関を使って新潟空港まで移動します。
これもすでにストレスで、自宅から新潟駅に行って、、リムジンバスに乗り換えやっと新潟空港着です。長い1日の始まります。。。

そのストレスを察したかのように成田便は定刻通りにテイクオフ
成田空港でビアを2本飲まないうちにLAX行きもオンタイムでテイクオフ。

機内で「海辺の家」「サークル」観て(新作に興味そそるタイトルなし。まぁ帰りも同じプログラムだしね)うとうとしてる間に・・・LAXへ。
時差-16時間の恩恵で、到着時間は出発した日のAM11:00
なんか得した気分です。

でも、結局イミグレーションで他の飛行機と一緒になってしまい、まぁー無秩序な感じでかなりの大混雑。。。ちなみにアジアの大国からの便です。

やっと税関もパスして外に出れたのが13:00頃。。。2時間もかかってしまいました・・・
さっさとレンタカー屋のヴァンに乗り込みレンタカーピックアップします。
なんと
今回借りる車はまだ20マイルしか走ってない正真正銘新車のカローラ。
しかもレンタカーの懸念であるパンクもしなそうなミシュランの高級タイヤまで付いています。
やったー 
当の車はまだナンバープレート届いておらず、フロントウインドウに書類?的なものが貼ってあります。

気分上々にレンタカーに乗り込み、いよいよカリフォルニアサーフトリップスタートです。
慣れ親しんだ道を通ってサンディエゴを目指します。

今回、日本でSDのローカルシェイパーにサーフボードをオーダーしていたので
そのサーフボードをSDまでの途中のオーシャンサイド(地名です)でピックアップします。

WATERMARK SURFBOARD
というお店を持たない。サーフボードメーカーです。

No shop = less overhead = BETTER PRICES FOR YOU! We are not trying to be the biggest, richest company in surfing.  Just high quality, affordable, and hopefully, always profitable.  We do have a small showroom and love meeting people daily.

お店を持たず卸さず無駄な経費をかけず。適正価格でサーフボードを。
我々はサーフィンで大きく、リッチな会社になろうとはしていません!と明言している。なんともまぁ・・・ロマンあふれる会社です。
この思想に共感してオーダー(もちろん安いのもありますが)しました!

このページの内容なんて、、、シビれます!Cool!

ピックアップの約束は14:00なんですが、、すでに時は14:00近く。
どう急いでもオーシャンサイドまでは1時間半はかかります。 

しかも、、今日は土曜日。。。最初に連絡を入れておくべきはずなのですが、テキストメールがなぜか未配信になってしまう事態もあって
もう急いで行ってしまうことことに!(今考えれば、、、無謀なんですが・・・)

さてサンディエゴまでの道のりですが、、、なんだか流れが悪く、
しかも。。。オーシャンサイド手前で大きな事故発生しているようで、車が一向に進みません・・・

もう諦めムードでオーシャンサイドに到着した時は16時過ぎ。。。
オーダーしていたWatermark Surfboardのオフィス近くにはたどり着けたもものの、、
すでにそこには人の気配なし。。。

絶望しながらどうにか連絡とろうかと思考錯誤していたら、、、
一組の白人カップルが中学英語の「May i help you」と近づいてきてくれました。

Watermark Surfboardを探しています」と言ったら、、、なんとその人が
Watermark Surfboradの社長Oliver氏だったのです

そこから話はトントン拍子に進み、無事にオーダーしたサーフボード受け取れました。
(オフィスの写真撮りたかったんだけど、、、さすがに2時間近く待たせてしまい、時間無いようで、、わがまま言えませんでした。)
ちなみにそのサーフボード、激安ですが(US485)とてもしっくりくるボードでした!
ただやっぱり「巻き」はかなり薄め。寿命は短そう?

サーフボード引取れたラッキーさに本当に感謝して。。。
いよいよ第二の故郷サンディエゴ、エンシニータスへ向かいます。

今回の宿はAirBnB、民泊です。。
初めてのハイシーズンに訪れるサンディエゴ
定宿にしていたモーテルも軒並みレートが上がり、強気な値段で予約とれず。。。
苦肉の策での民泊だったのです。

が、、、これが、、、予想外だったのですが、、、
いままで宿泊したどんなホテルよりも広く快適な宿(お家)だったのです。。。
リスティング先は、、想像を超える豪邸でロケーション素晴らしく
えー??ここでいいのーって声が出てしまうほど

どーですか??最高でしょう??これでモーテルの半額!で利用できるのです。

家を探訪させてもらって荷物を搬入。。。
そしてこれから数日間だけだけど、、、快適に過ごすために、セッティング



その後、家の備品調べて、いざ買い物へ
ビールの大量消費が見込まれるので近所のRalphsへ。
30本入りのバドワイザーが18.9ドル。。(ちなみにWalmartだと16.9ドルでした。安いわぁ〜)ほかワインや食材買って帰宅(民泊先)

ビールその他、冷蔵庫へいれて。。。ひとまずビールで乾杯

でもゆっくりしてられません。
日の沈む時間がすぐそこまで迫っています。
(時刻はすでに6時半過ぎ、9月下旬のSDは7時過ぎれば充分暗くなってしまいます。。)

ビーチまでの距離を確認するため歩いて出発。いつものエリアと若干離れているので
どこからビーチへ出ていいかわからなかったところへサーファー出現
自分の勘を頼りに歩いて行くと、、、無事ビーチへ。。
民泊先からはGrandview Beachというローカルなビーチが一番近かったです。

波は。。。思った以上にある。
まだ海に入っているサーファーと夕日を眺めながら、、、
感傷に浸る。。。
あぁぁ、、、今年もここに来ることができました。。ありがとうございます。。。。

日も沈み、、今日は渡航前から目をつけていたレストランFISH101で食事です。

が、このレストラン、、すごく混んでいて店の前に行列が
おとなしく行列に並ぶこと数十分、充分に検討する時間のあったメニューをオーダーしてビア飲んで待ってると、、、
運ばれてきたのは、、想像以上に美味しい料理
これは、、、この行列もうなずけます。。。

旅の一日目から生牡蠣を食すという冒険!でもまぁ旅慣れた方からは毒素の時期を外せば大丈夫でしょう!と・・・

期待以上の美味しい夕食に幸せ感じながら、、、帰宅。

帰宅後、民泊先でまるで自分の家のようにリラックス。。。自分の家のように二次会(2.99ドルのワインで)して。。。
酔いに任せて就寝。これで時差ぼけ対策もバッチリ?
あぁ今年もこの地へやってこれました。ありがとうございます。。。
そんな思いを胸に、、、深い眠りへと。。。。

このワイン・・・美味しかった。。この旅で何本飲んだことか・・・

ZZzz…

 

DAY2へ→

2018夏のサマリー

2018/09/12(Wed) jigsaw

気がつけばもう9月
あれだけ暑かった夏もあっという間に流れ去り、季節はもう秋ですね。



今年の夏は、、何にもなかった夏でした。

日本海には波はなく、かといって太平洋へプチトリップ出かけることもなく
(1度だけ宮城へ。いい波でした。)
朝、近所のサーフポイントで一緒になるサーファーの方々と
朝の時間はスケートパークでスケートボードに精を出しておりました。
40過ぎのおじさんたちがスケボーを一生懸命するのです。

そのスケボーの「朝練」でちょうど誕生日51歳を迎えられた
スケートボードはまさに始めたばかりのレジェンドサーファーが
ドロップ(アールのついたスケートセクションから降りる)をメイクされました。
何事にもトライするのに年齢は理由、言い訳にならないなと痛感いたしました。

Day Dreaming / Aretha Franklin
先のポストのCorinne嬢もLIVEで十八番
いいですねー
equiescat in pace